離婚をしても慰謝料請求が出来ないってホント?

離婚イコール慰謝料ではない

離婚が出来たら慰謝料がもらえると勘違いをしている方もいますが、慰謝料とは請求された側の謝罪の意味が含まれたお金になっているので、離婚の原因によって変わってくるのです。双方納得のいく離婚の場合は慰謝料が発生しないケースもありますよ。

慰謝料請求ができるケース

割れたハート

肉体関係のある浮気・不倫

離婚時の慰謝料請求が出来るケースとして浮気や不倫が考えられますが、その浮気や不倫も相手と肉体関係があるかどうかで請求の可否が異なってきます。浮気相手と確実に肉体関係があるという証拠が重要になるのです。

精神的・肉体的な暴力がある

DVやモラハラのように精神的、肉体的な暴力を受けている場合も慰謝料請求は可能です。離婚の原因でも多い内容となっていますが、DVやモラハラの場合は慰謝料も高額で請求出来る可能性が高くなります。

性行為を拒絶・強要された

夫婦でありながらも性行為を拒絶、または強要される場合、慰謝料請求が可能です。基本的に離婚の原因が夫婦の関係を継続し続けるのが難しいとなった場合に請求を行なうことが出来るのです。

浪費癖に難がある

ギャンブルなどに生活費を使ってしまうほど、浪費癖に難がある場合は慰謝料を取ることが出来ます。ただの趣味や月に一回程度で小遣いの範囲でのギャンブルは対象にならないケースが多いので注意しましょう。

離婚をしても慰謝料請求が出来ないってホント?

ジャッジガベル

離婚の問題は弁護士に相談

理由は様々ですが夫婦の関係を続けることが難しい場合、離婚という選択肢が出てきます。離婚は互いの了承が無ければ成立しないので話し合いで解決が出来ない場合には、弁護士に相談してみるといいでしょう。

割れたハート

慰謝料請求の手続き

離婚時に慰謝料請求を行なう際、請求が受け付けられないこともあります。慰謝料請求にはいくつかの条件があるので、その条件をクリア出来るかどうかの判断も弁護士に委ねるほうが安心出来ますよ。

女の人

女性弁護士も活躍中

弁護士は男性だけではありません。最近は女性弁護士も増えてきているのです。同性にしか話せないような内容もあるので、女性弁護士の存在は大きいと言えるでしょう。離婚問題に強く、女性弁護士がいる法律事務所を探すようにしましょう。

離婚の原因ランキング

男性
no.1

性格の不一致

性格の不一致は離婚の原因として最も多い内容となっています。価値観の違いなども継続して続くことにより嫌気がさしてくるので、我慢の限界となり離婚に繋がるのです。

no.2

浮気・不倫

浮気や不倫も離婚の原因となっています。以前までは夫側の浮気や離婚が多かったのですが、最近は妻側の浮気問題で離婚を行なう夫婦も増えてきていますよ。

no.3

家庭内暴力(DV)

家庭内暴力が原因で別れる夫婦も少なくありません。DVと呼ばれるその行為は夫婦の関係と言えど、許されるべき行為ではないため早めに弁護士に相談してみましょう。

no.4

精神的暴力

肉体的な暴力ではなく、精神的な攻撃を行なうモラルハラスメントが離婚の原因になっていることもあります。こういった精神的暴力も心的外傷の元になりかねませんので、早急に対処が必要と言えるでしょう。

no.5

子供への愛情がない

子供へ全く愛情を注がない、いつでも自分優先ということが離婚の原因になることもあります。夫婦で子供を育てる必要がありますが、それを放棄してしまうと子供にも悪影響を与えてしまう可能性が出てくるのです。

広告募集中