過払い金の問題は誰に相談すべき?弁護士と税理士の違い

良き相談相手になる

税理士は様々な分野で活躍することが出来る士業となっています。経営の話から税金対策についていろんな所で力になってくれるので、良き相談者として重宝されているのです。

税理士の業務内容紹介

電卓

税務代理

税理士の業務内容には税理士のみが行なえる独占業務があります。この独占業務の中に含まれている税務代理は納税者に代わって税金の申告を行なうというものですが、その他にも納税調査の立会も行なえるのです。

税務書類の作成

確定申告を行なうために必要な確定申告書や、相続時に欠かせない相続税申告書などの税務書類の作成も行ないます。作成だけでなく税務署まできちんと届けてくれる税理士もいますよ。

税務相談

税に関する様々な質問や悩みにも分かりやすく親身になって相談に乗ってくれます。こうした税務相談も税理士の業務となっているので、もし税金に関するトラブルがあれば一度相談してみるといいでしょう。

経営相談

節税や減税といった部分で、会社の経営をサポートすることもあります。無駄な経費を算出し、コスト削減や会社の利益に貢献してくれるため企業にとって税理士は欠かせない存在と言えるのです。

確定申告

会社に属している人だけが確定申告を行なう訳ではありません。年金生活者や個人事業主なども確定申告が必要になってくるため、このような方々のフォローも税理士の大事な業務の一環と言えるのです。

過払い金の問題は誰に相談すべき?弁護士と税理士の違い

女性

借金の問題で悩んでいる方

借金の問題に頭を抱えている方がいるのであれば弁護士や司法書士に相談するといいでしょう。しかしその借金に税金が関わっているのであれば税理士に相談した方がいいかもしれません。税理士なら税金に関する専門家になっているので的確なアドバイスをもらえるでしょう。

メンズ

過払い金請求や債務整理

過払い金請求や債務整理の権限を持っているのは弁護士と司法書士になります。また司法書士は簡易裁判にのみ参加することが出来るため、不安であれば弁護士に相談する方が良いですね。問題解決後の再建に関しては税金のプロである税理士を頼りましょう。

婦人

立て直しや対策のことなら

税理士に相談することによって、節税や減税の対策を取ることが出来ます。また浮いた税を貯蓄や生活に回すことで、資産の再建を行ないやすくなるでしょう。相談する内容と相談する相手をしっかりと考えて適した士業を利用することが大切ですよ。

相談

弁護士と税理士のいる事務所に相談

過払い金や債務整理の問題解決で一番効率が良い方法は、税理士と弁護士がいる事務所を利用することです。法の専門家と税金のプロフェッショナルがいるので、守備範囲がかなり広がるでしょう。相談の前に事務所に在籍している方々の資格をホームページでチェックすることをオススメします。

広告募集中